セフレ探し

セフレ探し!セックスフレンドの作り方

セフレ探しのおすすめ方法とは

セフレ探しが流行ってます。それぞれの人によってセックスフレンドとの出会いの方法であるとか、セフレ探しのおすすめ方法、口説き方というのは違っています。本に書いてある事をそのまま実行すれば良いという単純な話ではないので注意が必要です。そういった本が適している人もいれば、そうでない人もいる訳でして、そこを考慮しておかなければセフレ探しは失敗してしまいます。ここで重要になってくるのは自然な振る舞いという事でしょう。相手が男性であれ女性であれ、不自然さというのはセフレ作りで最大の違和感になってしまいます。

セフレをみつけたいなら明るく振る舞うのが理想形だと考えている人はとても多いです。普段の自分がそうであれば、そのままやってもらって良いのですけど、どちらかというとテンションが低いタイプであれば、セフレ探しで無理をするのは禁物です。普段通りに喋るように心がけてください。これだけでセフレを作る成功率が何%かアップする事でしょう。だらしないタイプなら、それを前面に押し出してください。セフレを探すとき表面だけ良く見せても、直ぐにボロが出てしまうので、デメリットの方が大きいです。

セフレ探しするには魅力的な男性になろうと意識

魅力のある男性と、魅力のない男性。
ルックスはそうでもないのに、やたらとモテるという人がいますが、やはりコツがあると思います。

第一印象がよくて付き合っても、付き合って性格がイヤで別れるというのはよくあるパターンで、そういう点で女性の目から見て、セフレ探しした中で、付き合ったら別れたくなる男性と一緒にいて嬉しくなる男性のパターンをあげてみました。

1.一番イヤな人で有名なのが、自慢する人。
自分自慢から持ち物の自慢、家族の自慢などいろいろと取り揃えてする人がいるのですが、いい加減にして欲しいという思いになります。
頭がよくてこの大学に入ったけど、友達はこうだとか、この持ち物は高価なんだとか、最初はすごいなっと聞いていてもだんだんとウンザリしてしまいます。

2.次には自分を卑下しすぎるタイプ。
とても悩みやすいタイプで自分なんかダメだとか、本当に自分の事が好きなのかと何度も聞いて確認するタイプもウンザリしてしまいます。
しかし、ほどほどだと女性本能をくすぐられて良いというのは、あります。

「ぼくのことを分かってくれるのは、君しかいないよ」
とか
「今まで、自分の思っている本とのことを、言える人はいなかったけど、君にだけは自分の悩みを打ち明けることが出来る」
など、守ってあげたい本能のある女性なら自分が一緒にいてあげなくっちゃっと妙な責任感的な愛を感じてしまう感じです。

もちろんそれもあまり頻繁にしてはだめですが。
最後に嬉しくなる男性として、やっぱり定期的にイベントしてくれる男性でしょうか?
ちょっとキザだったりしても、全然平気だっていう感じです。

セフレ探しでみつけた女性にもサプライズプレゼントをしよう

セフレ探しで出会った女性にも、誕生日などでサプライズプレゼントをしましょう。

記念日に花束をプレゼントしてくれたりしながら、
「この花をみたら君のこと思い出して」
なんてさりげなく言われたら、またそんな事いってなんて思いながらも、私もまんざらでないわよねっと自分を過信して喜んだりするのが女性というものです。セフレでも嬉しいものです。

「なにが欲しい?」
「なにが食べたい?」

っというのはもちろん普段から言う内容ですが、聞かずに自分の好みで何でも買ってプレゼントする男性も結構います。
そして変なものをもらった女性は

「この無神経な男」

っとあげたのにもかかわらず怒られたりして。

セフレにお金を使う時は惜しみなく、アクセサリーなどは一緒にいって選んで
「誰よりもこの宝石がにあうよ」
っとウソでもいいから言ってあげるといいです。

セフレ探しにはリスクがあるから、安心安全なサイト・アプリを利用

セフレ探しには男女ともにリスクが伴います。無料のセフレ募集掲示板サイトもありますが、セキュリティ面からあんまりオススメできないですね。アシュレーマディソンのような情報漏えいが起こる可能性もありますし、最新の注意を払いたいものです。安心安全の出会い系アプリ・サイトを使いましょう。

男女それぞれ自分のアピールポイントは主張しながら、適正な条件で進めていくのが妥当でしょう。ある程度は心の割りきりが必要ですね。割り切りというのは変な意味ではなく、多少は妥協なり譲歩なりしようということです。

それまでキャバクラや風俗で働いていたけど、セフレがいなかったような女性は狙い目。セフレ探し歴が浅い女性を一本釣りするのもベター。