ありのままの自分を出すことがモテる秘訣

女性を口説くこつとして挙げられるのは、もてる男性像に縛られないことです。例えば、一般的な固定観念でもてる男性といえば、顔の良い人やお金のある人、背の高い人などです。内面的な部分を挙げるとすれば、面白い人や積極的な人などが挙げられるかもしれません。

その固定観念に縛られてしまい、本当の自分が出せなくなってしまうと本末転倒になります。世の中には、女性にもてるための本やネットサイト、ブログなどがあふれています。それらを見て、もてる男性を演じようとしていては、決して良い成果はあげられません。

そこで大事なのは、ありのままの自分を出すことです。最近、あるアニメ映画のヒットにより、このありのままという言葉をよく聞きますよね。これは、女性を口説く際にも当てはまる良い言葉です。例えば、先に挙げたように女性にもてる男性像として、面白い男性が挙げられます。

実際面白い男性はもてるのですが、無理をしてそれを演じる必要はありません。例えば、コンパなどでそれに縛られてしまい、無理をしてでも場を盛り上げようとする人はいます。本当はおとなしい性格なのに、無理をしてしまうとストレスにしかなりません。

また、女性から見てもそのような空元気は意外と分かるもので、はたから見ると痛いと思われるかもしれません。つまり、無理をして一般的に挙げられるもてる男性像を演じる必要は、一切ありません。

先の例を再び挙げると、おとなしい性格の男性ならばそのままで良いのです。女性と接する場面があったとしたら、最低限のあいさつと受け答えが出来れば、十分に女性を口説くことはできます。むしろ、そのような人は女性の話を聞くことに力を注げば、女性からの印象も良くなるわけです。そして、これはよく言われることですが、聞き上手な人は口数が少なくてももてます。

それ以外でも、今の時代はメールやSNSもあるので、おとなしい性格だからと言ってマイナスにはなりません。他には容姿や経済状況にコンプレックスを持つ男性も、それを恥じずに隠さずに堂々としていたほうが、女性からの印象は良くなりますよ。このように、ありのままの自分を晒せば、女性からの印象は意外と悪くないのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です