街コン必勝法は「出会いを広げて、広がった輪の中で恋人をみつけること」

出会いを求めるなら簡単らくらく街コンで!

社会人になって出会いがないと嘆いているそこのあなた。そして学生の頃は出会いがあってよかったなぁなんて哀愁ただよわせちゃっているあなた。朗報です!

今の世の中はSNSなどで気楽に出会いの場を広げることができるようになっていますね。え?SNSなどで知らない人に出会うのは怖いし気が引ける?
言いたいことは分からなくもないけれど、知人に紹介してもらうのも合コンに行くのもあなたは未知の人に会いに行っていたのではなかったでしたか?知人の知り合いなら大丈夫!という根拠はなんなのでしょうね。

知人の知り合いなら大丈夫だろうと思えるあなたが、SNSでやり取りをしてご自信で大丈夫だろうと思った人と出会うリスクって考えてみるとそれほど変わらない気もしませんか?

そんな前提をご理解頂ける方にオススメしたいの出会いの場が「街コン」です!
街コンにも色々な種類があります。市をあげて開催されている一番パブリックなもの、飲食店が開催する割と大き目の街コン、そして個人が飲食店を貸しきるなどして開催する小さな街コンまで大雑把に区分しても3つの形態があります。

これだけ見てなんとなく分かると思いますが、今の紹介の順で安全です。そして今の紹介の順で形式的なものになります。
では僕のオススメはというと3番目。個人主催の街コンをオススメします。え?それが一番怖いって?分かっていますとも。それを覆せるようにメリットそしてデメリットに対する対処法を紹介します。

メリットは格式ばっておらずコンパの形もその主催者にゆだねられている点です。市の街コンではドレスコードが設けられていたり、なんとなく肩に力が入ると思います。みなさん恋人を見つけようと普段よりどうしても厳しい目線で相手を見てしまいます。それゆえに恋につながらないことが起こりえるのが形式的なコンパの安全と表裏一体のデメリットと言えるでしょう。
個人主催の街コンは自由です。恋人を見つけたい人、友だちを見つけたい人、1人で飲むのが寂しいから来ちゃった人、友だちに誘われてなんとなくついてきた人。これだけ自由ですから肩に力の入った人はいません。もちろん初対面の人と出会うということで力は入るでしょうがそれはどの街コンでも一緒ですよね。

街コン必勝法は「出会いを広げて、広がった輪の中で恋人をみつけること」です。
それができるのが環境的な要因含めて個人主催の小規模な街コンであるということに異論のある方はいないと思います。必勝法を簡単に解説すると、その場で恋人をつくろうとはせずにお酒の席を楽しみながら男女問わずに色んな人と出会いましょう。お目当ての綺麗な子がいてもぐっと我慢してまずは多くの人に出会うことに集中です。それを数回しているうちに出会いの場で顔見知りができてきます。その人の紹介もあるかもしれませんね、その人が合コンを開いてそこに人数あわせで呼ばれることもあるかもしれません。お目当ての女性がいるならその人と自分で幹事をして出来レースのような合コンを組んでしまうのもありでしょう。少し遠回りをすることこそがコンパで負けない方法なのです。

個人主催のデメリットとして集客媒体は恐らくほぼ確実にSNSになるでしょう。つまりは始めの話に戻るのですがリスクがありますね。それを解消するためにはその街コンの規約がしっかりと書かれているのか、主催者(達)のプロフィールも見て安全かどうかを確認する。メッセージのやりとりはしっかりしているか、少ししつこいくらいに確認のメールをしてもいいかもしれません。そしてご自信の目でアンテナで安全なコンパを見つけましょう。

オススメの出会いの場は「街コン」。でも街コンは恋人を見つけるのではなく恋人を見つけるための出会いの場を増やすことに使いましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です